キュービクルとは

キュービクル式高圧受変電設備(キュービクル)とは、電力会社の発電所や変電所から供給される高電圧(6,600V)の電気を、工場・ホテル・病院・オフィスビル・店舗など一般家庭よりも多くの電気を必要とする施設で利用するために、100Vや200Vに変圧(降圧)する受電設備(変電設備)を筐体(金属製の箱)の中に収納した小さな変電所とも言えるものです。

多くの場合、屋上や駐車場の隅などに設置されています。

高電圧の電力を使用する工場などでは高圧受電契約を結び、キュービクルによって適正な電力に変圧(降圧)して電気を使用しています。

ちなみに、一般家庭で使えるように電気の電圧を下げるキュービクルの役割を果たしているのが、電柱に上の方にあるポリバケツのような見た目のトランスになります(トランスはキュービクルの中にもあります)。

一般家庭は低圧受電契約となり高圧受電契約よりも電気料金は割高です。

キュービクルの語源は立方体を意味する「Cube」から来ていて、「立方体の小部屋」という意味もあります。

キュービクルの仕組み(構造)

次のようなものたちで構成されています。

高圧気中負荷開閉器(PAS)

電気事故が発生した場合に、近隣を巻き込むような事故を防ぐ役割

避雷器(LA)

落雷時に侵入してくる異常電圧や負荷開閉時に発生する開閉サージの異常電圧を抑制する役割

高圧ケーブル

電力会社の電線とキュービクルを接続するケーブル

継電器(GR)

ケーブルや電気機器が劣化や破損し、電路と大地間の接触事故を検出

遮断器(VCB)

負荷電流の遮断や電力系統の異常発生時に、継電器(GR)と共に自動的に回路を遮断し、故障系統の切り離し

継電器(OCR)

過負荷の保護や大電流の保護

変圧器(トランス)

電圧を変換するもの

コンデンサ(SC)

無駄な電流を減少させるもの

低圧開閉器ブレーカー

電気の使いすぎを防ぐ配線用遮断器と、漏電を防ぐ漏電遮断器の2種類あり

キュービクルを導入・設置する場合のメリット・デメリット

キュービクル導入・設置には初期費用が掛かります。

それは決して安いものではありません。

初期費用を抑えるために再生品を選択したり、初期費用の掛からないレンタルやリースという選択肢もあります。

きちんとメリットとデメリットを知った上で、キュービクルの導入・設置をするのかどうか、導入・設置することを決定したら、いくつかある方法の中からどの選択をするのかという判断をするのが賢明です。

キュービクルを導入・設置するメリット

コスト削減

キュービクルを導入・設置すると高圧受電契約となるため、電気料金が1kwあたり約13〜17円となります(ちなみに低圧受電契約は1kwあたり約20〜30円)。

コスト削減は月々の電気料金だけでなく、今では少なくなった電気設備が格納された電気室よりもコンパクトで場所を取らないので、建物や土地のコスト削減になります。

高い安全性

筐体(金属製の箱)に守られているため、小動物などが感電して事故になるリスクや、風雨や気温の寒暖差による故障のリスクが低くなります。

高い品質

キュービクルは工場で製造され検査を行なっているので、高い品質が保たれて出荷されています。

設置が簡単(工期が短い)

工場で一旦完成したものを分割、ユニット化して出荷し、現地で再び分割したものを組み立てるだけという、かつて豊臣秀吉が墨俣一夜城を築く時に行なっていたようなことを現代で再現しているので簡単に設置できます(当然、工期も短くて済みます)。

キュービクルを導入・設置するデメリット

収納の限界

キュービクルのメリットであるコンパクトさも、違う側面から見るとデメリットになってしまいます。 コンパクトであるため、サイズの大きい変圧器などの機器は収納することが難しいです。

事故の可能性

これもメリットとの裏腹になりますが、キュービクルは安全性の高さがメリットではありますが、事故の可能性がゼロになる訳ではありません。 高電圧のため、万が一事故が起こった場合は大事故になる可能性を秘めています。

拡張する場合のコストが大きい

事前に計画的な設計を行わないと、後で拡張しようとすると予定外の出費が掛かることになってしまいます。

定期的にメンテナンスが必要

月に一度のメンテナンス(場合によっては隔月に一度。詳しくは後述)と、年に一度の年次点検が法律で義務付けられています。<br> そのメンテナンス代が毎月のコストとして加わってきます。

キュービクルの耐用年数

キュービクルの耐用年数は15年だとか、長くても20年だとかいう記事を見掛けることがありますが、使用用途や製造会社、機種によっても変わってきます。

さらに、キュービクルに使われている各機器にも耐用年数というものがあるので、単純にキュービクルの耐用年数は○年ですと言うことは難しいです。

ちなみに、キュービクル内の各機器の耐用年数は以下のとおりです。

・変圧器(トランス) 法定耐用年数 15年 実用耐用年数 20年

・ヒューズ(屋内用) 法定耐用年数 15年 実用耐用年数 15年

・ヒューズ(屋外用) 法定耐用年数 10年 実用耐用年数 10年

・遮断器(VCB) 法定耐用年数 15年 実用耐用年数 20年

・高圧気中負荷開閉器(PAS) 法定耐用年数 15年 実用耐用年数 20年

・コンデンサ(SC) 法定耐用年数 15年 実用耐用年数 15年

・避雷器(LA) 法定耐用年数15年 実用耐用年数 15年

ここに記載したのは一部ですが、このように機器によって10〜20年と差が出てきます。

説明が遅くなりましたが、耐用年数には法定耐用年数と実用耐用年数の2種類あって、法定耐用年数は実用耐用年数よりも短くなる場合が多いです。

これは、法定耐用年数というのが、あくまで税務上の概念であり、資産としての耐用年数を表しているに過ぎないからです。

古いキュービクルを使用するデメリット

10年前のエアコンと現代のエアコンでは消費電力や電気代が違うように、キュービクルも年々進化を続けています。

2014年にトップランナー制度の改定もあったことから、それ以降のキュービクルは効率が良くなり使用できる電力量もアップし、電気代も節約できるようになっています。

キュービクルの故障率も耐用年数を超えれば上昇するのは言うまでもありません。

キュービクルの保安点検

キュービクルの保安点検は法定点検で、月に一度若しくは隔月で実施する月次点検と、年に一度実施する年次点検が義務づけられています。

月次点検は電気を停止せずに受電設備や負荷設備の点検を行い、反対に年次点検では電気を停止して月次点検では点検しない所を中心に、より詳しい点検を行います。

キュービクルに遠隔監視装置を取り付けることによって、月に一回の月次点検を隔月点検にすることが可能となり、点検コストを抑えることが出来ます。