エアコン選びのポイント

業務用と家庭用、エアコンの違いとエアコン選びのポイント

エアコンには大きく分けると業務用エアコンと家庭用エアコンがあります。
だからといって、一般家庭に業務用エアコンを取り付けてはいけないということはありませんし、逆もまた然りです。
この業務用エアコンと家庭用エアコンには、どんな違いがあるのでしょうか。
実は、業務用エアコンと家庭用エアコンの違いが、そのままエアコン選びのポイントにもなってきます。
ここでは、その業務用エアコンと家庭用エアコンの違いを一つずつ見ていきましょう。

エアコンの馬力(能力)

エアコンの馬力(能力)が高いということは、空間を冷やす又は暖めるという能力が高いということを意味します。
業務用エアコンはこの馬力(能力)が家庭用エアコンよりも総じて高くなっています。
このエアコンの馬力(能力)はkWで示され、家庭用は10kWくらいまで、業務用は150kWくらいまでと、馬力(能力)に大きな開きがあるのが分かると思います。
エアコンを選ぶ際には、「エアコンを設置する場所の空間が広い」「人の出入りが多くて空間温度の変化が多い」「夏場の空間温度が上がりやすい(人が多い、熱を発する物がたくさんある等)」、そういう場合は馬力(能力)の高いエアコンを選ぶことになってきます。

エアコンの電源

電源の種類

エアコンの電源の種類は、家庭用エアコンは単相のみ、業務用エアコンは三相と単相の両方あります。
単相というのは私たちが日常で使っている家電製品等で使用され、三相は産業用や業務用の電源として使用されています。
この単相と三相ですが電気代に違いがあって、単相は基本料金が安いかわりに使用料金が高くなっており、逆に三相は基本料金が高く使用料金が安くなっています。
ランニングコストの部分はエアコンの導入にあたって誰しもが気になるポイントだと思いますので、電源を単相のエアコンにするのか三相のエアコンにするのかはエアコンを設置する場所の使用環境から、どちらの方がお得になるかを考えて選択するといいでしょう。

電源の取り方

家庭用エアコンと業務用エアコンでは電源の取り方が違います。
家庭用エアコンは室内機で取っている電源を室外機に供給していますが、業務用エアコンは室外機を動力電源につなぎ、室内機に電源の供給を行っています。
業務用エアコンの場合、1台の室外機に複数台の室内機を繋いで運転することが可能な場合もありますので(マルチエアコン対応機種に限る)、室内機の複数台導入を考えている場合は検討する価値があるでしょう。
但し、マルチエアコンには以下のようなデメリットもありますので、そちらも合わせて検討材料にしましょう。

【マルチエアコンのデメリット】

・同時に複数台の室内機を運転すると能力がダウンする
・室外機が故障すると全ての室内機が使用不可能になる
・マルチでない場合(室外機1台に対して室内機1台)と比較して電気代がかかる
・マルチエアコンに対応していないメーカーもある

エアコンの耐久性

業務用エアコンはコンビニエンスストアのような24時間年中無休で営業しているような所で常用しても耐えられる造りでなければなりません。
24時間年中無休でエアコンを稼働させて、しょっちゅう故障を起こすようでは、お店側も困ってしまいますからね。
さらに厨房のような、小麦粉などの粉ものを扱ったり油煙で汚れやすく故障のリスクが高いような過酷な環境での使用になる場合には、業務用エアコン(厨房用エアコン)一択になってきます。

エアコンの形状(タイプ)

家庭用エアコンはほとんどが壁掛けタイプになりますが、業務用エアコンは天井埋め込み形、天井吊り形、床置き形など色々なタイプから選択することが出来ます。
風の吹き出し口も、4つだったり、2つだったり、色も選べる場合があったりとバリエーションのある機種もラインナップされています。

分からない場合はプロに相談

いくつかポイントを見てきましたが、「イマイチよく分からない」「自分だけでは正しい判断をする自信がない」「プロの意見も聞いてみたい」、というような場合は遠慮なく専門業者に相談してみましょう。
まともな業者であれば、相談だけなら無料で対応してくれるはずです。
もちろん、nexottも無料で相談をお受けしています。