nexott感染症対策事業部の取り組み

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、「感染症クラスタは、ほとんどが屋内で発生している」ということが浮き彫りとなり、同時に今までの建築における感染症対策の未熟さが露呈する形となりました。

これを受けて、感染症対策の設備は加速度的に増え続けています。

この現状を鑑み、nexottでは建物に最適解の感染症対策を施すことの出来る専門家が必要になると考え、「空間潔癖力」を合言葉に【感染症対策の設計施工】を始めました。

さらに、既存の製品ではカバー出来ていないリスク対策として、感染症対策製品の開発も同時に進めており、オリジナルブランド【nexQURE(ネクスクゥウ)】シリーズとして販売していきます。

取り扱い商品

イージス360

UVCエアステリライザー

nexott感染症対策事業部概要

各種感染症対策製品の企画・開発・販売・施工・取り付け

空調・換気システム・紫外線殺菌装置・オゾン発生器・光触媒加工・サーマルカメラ・非接触装置自動システム・他

– 沿革 –

2020年6月

株式会社nexott除菌事業部設立
空調会社として培った知識と経験を生かし
施設・建物に特化した空間除菌を提案

2021年1月

除菌事業部改め感染症対策事業部に名称変更
自社ブランド「nexQURE」製品群の販売及び
日本AFAiD協会の立ち上げ準備局を開設

感染症対策に関するお問い合わせはこちら